糖尿病と高血圧の合併症の方の食事

糖尿病と高血圧の合併症の方の食事

病気などには食事制限が必要なものもあり、例えば糖尿病と聞くと糖質制限などが必要だということは何となく理解できます。

ただ、糖尿病は他の病気と併発する可能性が高い病気になります。仮に腎臓に関する病気などと併発してしまった場合などは、糖尿病と腎臓病のどちらにも適切である食事制限をする必要があります。

しかし食べるということは生きる上で非常に大事なことです。ただ単に質素なものを食べてればいいというわけではありませんし、できるだけ患者さん本人が満足できるような食事にしてあげてください。

そこで今回は、糖尿病と高血圧の合併症を引き起こしている方に注目をして、「どのような食事制限をする必要があるのか」、また「食事の用意の際に便利なサービスはあるか?」などについて紹介していきます。

糖尿病と高血圧の合併症の場合に適した食事制限とは

糖尿病と高血圧の合併症の場合に適している食事制限ですが、その前にこの2つの合併症の場合にどのような危険があるのか見てみましょう。

この2つの病気はどちらも動脈硬化をより悪化させることになるものです。また糖尿病だけでも心臓病や脳の病気などになる確率が常人と比べて数倍高くなっているのに対し、高血圧にもなってしまうとさらに数倍危険な状態になってしまいます。

ただ、糖尿病や高血圧では糖質や血圧のコントロールがまだ可能であり、適切な食事をすることで正常値まで下げることもできます。

高血圧の最大の敵は「塩分」です。
まず大量の塩分を取り入れてしまうことで、その塩分濃度を低下させるために血液に水分が多くなり、その結果血管が膨張してしまいます。さらに、そのため血管を収縮させる物質などへの反応も過敏になり血圧が上昇してしまいます。

そこで、この合併症に適した食事制限ですが、「糖質制限」「厳しい塩分制限」が基本の軸となります。塩分と糖質をできるだけ制限しながら、一日に必要なカロリー、栄養素を取り入れなければならないということです。

食事制限に関するサービスの有無

では、糖尿病と高血圧の合併症を持つ方に実際に食事を作るとする時気を付けなければならないことは何なのでしょうか?まず1つ目に注意するのは「味付けを薄くする」ということです。

味が濃くても塩分が含まれていないのであればいいのかもしれませんが、塩分制限を成功させるには「薄味に慣れる」必要があります。そのため、できるだけ素材の味を生かすような薄味の料理を作るように心掛けるといいでしょう。

2つ目の注意点は、味付けには塩やしょうゆなどの調味料を極力使わずに「果物の果汁による酸味」や「刺激の弱い香辛料」を使うのがオススメです。果汁などは例えばシークワーサーやレモンなど柑橘系のものなどが好ましいですね。

このように塩分制限などがある食事というのは糖質制限だけの時と比べて非常に調理が難しくなることがわかります。

しかし、食事は毎日作らなければならないため悩んでいる暇はありませんよね。そこで、そのような方におすすめできるのが「冷凍宅配弁当」になります。

もちろん普通の弁当ではなく、メディアフードである糖質制限や塩分制限などを取り入れたものであり、バリエーションに富んだおかずを食べることができます。

こうしたサービスを利用することで、「本人の満足に繋がる食事」や「作る方などの労力軽減」になります。

糖尿病合併症の方の食事まとめ

以上が糖尿病と高血圧の合併症の方に適している食事になりますが、やはり「作れないことはないから自分で作るべき」と考える方もいるでしょう。また、「たかが料理を作るだけで何を悩んでいる」と思われるかもしれません。

しかし病気を長い間相手にすることはとても体力を使うことであり、また自分の調理ミスなどが直接人体の健康に関わってしまうため心労なども出てきます。

宅配食サービスとはそういった方などに寄り添い、共に患者の食事に関して協力していくものであるため、悩んでいる方などは一度だけでも宅配サービスを利用してみるのもいいでしょう。