PAGE TOP

食事療法で糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防

糖尿病食宅配ランキング〜宅配食で食事制限が劇的に変わります!!

糖尿病食宅配の情報を検索している方には、勿論当サイトを推奨いたします。利用者に必要な直近情報をできるだけ簡潔に掲載してあるので、あなたがチェックしたい糖尿病食宅配の情報を容易に手に入れられるでしょう。

食事療法で糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防

食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。

多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。

さまざまな種類の栄養素を適切な量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。

そうした食品交換表を参考にすることで、献立づくりの悩み解消にもなります。

腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、病気に縛られない普段の生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。

食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

一日3食のバランスを考えながら、ご飯は少なめにすることが重要です。

若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。

すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、提案しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。

聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して考える新しい研究分野です。

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。

特に食後は、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。薬物療法を行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、前もって生活を変えるということは難しいことです。

糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、だんだんと自覚症状も出てきます。

上昇した血糖値を下げるために欠かせないホルモン、インスリンが血中での異常な変化を示すことは、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えることが大切になります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。

体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

関連記事