PAGE TOP

糖尿病は日本人の5人に1人は罹ると言われている

糖尿病食宅配ランキング〜宅配食で食事制限が劇的に変わります!!

糖尿病食宅配の情報を検索している方には、勿論当サイトを推奨いたします。利用者に必要な直近情報をできるだけ簡潔に掲載してあるので、あなたがチェックしたい糖尿病食宅配の情報を容易に手に入れられるでしょう。

糖尿病は日本人の5人に1人は罹ると言われている

日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。自覚症状のない病気の場合は、そう考えるのも無理はないです。

糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。

3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

血糖値の上昇につながる原因の一つです。

食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。

数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、多く含まれている栄養素によって、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量=80kcal(1単位)として掲載しています。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、料理のメニューの参考にもなります。

医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってください。

糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症を引き寄せてしまいます。不適切な食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

どんなに忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、それらを含んだ海藻類・きのこ類はたくさん摂ってください。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。

わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、全ての生理機能には日内リズムがあって、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと機能性との関係について調べる新しい研究分野です。

年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、日常の生活に支障をきたさないよう人生を謳歌できるよう努めることです。

さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと想像している患者さんが多数だと思います。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。

根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。

関連記事