PAGE TOP

食後はブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります

糖尿病食宅配ランキング〜宅配食で食事制限が劇的に変わります!!

糖尿病食宅配の情報を検索している方には、勿論当サイトを推奨いたします。利用者に必要な直近情報をできるだけ簡潔に掲載してあるので、あなたがチェックしたい糖尿病食宅配の情報を容易に手に入れられるでしょう。

食後はブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります

人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。そのため、血糖値が上昇しやすくなります。

食後は特別、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。

「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。

それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立への迷いも払拭できるでしょう。

食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。

どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。

多忙な仕事の合間に、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。

普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」に大きく左右されます。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと効果の関わりについて考える新しい研究分野です。

1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。

糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、できるだけご飯を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんが多いと思います。でも、もし糖尿病になってしまっても、食べられないものは何もありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってください。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、前もって生活を変えるということは難しいことです。

しかし、糖尿病の境界型になると、だんだんと自覚症状も出てきます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンの分泌量の変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンに異常が見られ、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、実り多き時間を過ごすことです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。

関連記事