PAGE TOP

満遍なく栄養素を取り入れるのが糖尿病の理想的な食事

糖尿病食宅配ランキング〜宅配食で食事制限が劇的に変わります!!

糖尿病食宅配の情報を検索している方には、勿論当サイトを推奨いたします。利用者に必要な直近情報をできるだけ簡潔に掲載してあるので、あなたがチェックしたい糖尿病食宅配の情報を容易に手に入れられるでしょう。

満遍なく栄養素を取り入れるのが糖尿病の理想的な食事

数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、多く含まれている栄養素によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、日々の献立づくりの幅が広がります。人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

食後は特別、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

「ベジタブルファースト」は血糖値が上昇するのを抑えます。野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。

なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わり最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、その状態が継続、悪化してしまうとやがて合併症を引き起こす要因となります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を見直さなければ治療へと進めません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。毎食バランスを考えて摂り、できるだけご飯を少なくすることが大事です。

糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。

糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。

そしてご飯は半分残しましょう」と、指導しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。自覚症状のない病気の場合は、そう考えるのも無理はないです。

そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、病状が顕著になり始めます。

例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんが多いと思います。

ところが、糖尿病になったからといって、大抵の食べものを摂ることができます。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」というわけではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を考えることが大切になります。

こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけないことなのです。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンが上手に機能しなくなり、継続的に血糖値が高いままの病気です。人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、健康的な心とからだを保ち、人生をたのしみながら送れるようにすることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。

食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満たされたりするからです。仕事で時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」と密接に関わっています。

「体内時計」は、生活スタイルから影響を受けています。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のタイミングと役割に関して調べる新しい研究分野です。

関連記事