PAGE TOP

血糖値の上昇を防ぐために食事はゆっくり食べる

糖尿病食宅配ランキング〜宅配食で食事制限が劇的に変わります!!

糖尿病食宅配の情報を検索している方には、勿論当サイトを推奨いたします。利用者に必要な直近情報をできるだけ簡潔に掲載してあるので、あなたがチェックしたい糖尿病食宅配の情報を容易に手に入れられるでしょう。

血糖値の上昇を防ぐために食事はゆっくり食べる

食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満たされたりするからです。仕事で時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。

「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。一日3食のバランスを考えながら、ご飯を少なく摂ることが大事です。

若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーを重視せず、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。

そうした食品交換表を参考にすることで、料理のメニューの参考にもなります。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響しもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

食後は特別、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。

「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。

食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんが多いと思います。

でも、もし糖尿病になってしまっても、決して食べられないという食品はありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。

もともと食事療法の目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。

腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、日常の生活に支障をきたさないよう満たされた人生を送れるように努めることです。

治療法はさまざまですが、正しい指導のもと食事療法をとおして、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって大きく作用します。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと効果の関わりについて考える新しい研究分野です。1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素が偏らないように選ぶことが大切です。

みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。

目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。

なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを適切に判断しないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、考えを改めることはなかなかできません。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、病状が顕著になり始めます。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

関連記事